フィッカス。

フィカスという植物がある。イロイロな種類があってほとんど好き。
代表的なんは、やはりベンガレンシスでしょうか。

ただ、そのなかでも(?)種類がとても多く、はっきり名前の区別がつかん。
↓ごらんあれ・・。
b0137240_1854626.jpg

b0137240_18542663.jpg

b0137240_18544750.jpg


葉には、みんな”毛”があり多少細長かったり、大きかったりと比べるとちと違う。
(が、これくらいは、環境で変わってきそうなものなんだけど・・)

ちなみに上から
ベンガレンシス・ティー。
ベンガレンシス・ペコ。
フィッカス・リツコ。
となっている・・(伝票・・笑)正しいかどうかは、わかんない。ちょっと難しすぎんぞ。
まー、どれも”ベンガレンシス”でいいのかな?(ってか次に見た時には、区別つかんと思う)

↓は、ベンガレンシスじゃありません。そっくりだけど・・
b0137240_195547.jpg

b0137240_1951839.jpg


上から
アルテシマ。
シーマ。
・・と呼ばれてます。似てます。ちら見じゃ区別できないかも。葉の大きい小さいは、育て方でいけちゃうので、困ったもんです。

ベンガレンシスの特徴としては、葉の面にうっすらと毛がはえてマス。だもんで、触るのが一番の見分け方っすかね。

ただ、”毛”のないベンガレンシスとかあるのならば、もーお手上げじゃね。笑。

まっ、品種とか名前で植物買うもんじゃないし、良いかな?

あー、でもたまに”名前買い”するときあるなぁ〜笑。



葉花
[PR]
←menu